コマツの徒然日記

38歳の主婦の思うがままのブログ。夫婦二人で暮らしております。

お詫びの牛乳

朝8:30これは、デジャブなのか・・・
「ほんで、あんたな~体重70・・・」と言いかけたところで、私は
「もういいって、○○さん」
と制止した。

このじいさん、先日も私に「あんた体重70キロはあるやろ~」としつこく言ってきた。その際は、笑って聞き流していた。
matucoturedure.hateblo.jp

口を開けば、要らぬことばかり。聞き流しておけば、済むかもしれないが、毎度毎度、それが、朝の挨拶みたいに言われてはこっちもたまらない。
言わせておけば・・・くそじじい。あきらかに機嫌を損ねていますよ!私は!という態度を表した。
じいさんに大人げない・・なんて言わないでもらいたい。5年もの間、何を言われようが、聞き流していた私は、今日糸が切れたのだ。うちのパートの20歳の女の子にも「自分、足太いな~」なんて平気で言うんだから。黙っちゃいられない。

じいさんは、「そんな・・悪いことでもないやないか」と殺気を感じたのかフォローにもなっていない言葉で返してきた。
2分くらい経つと、じいさんは「なあ、車にな、牛乳2本あるわ、飲むか?」としゃべりかけてきた。「そんなお気遣いなく」と断っておいた。
あきらかに、お詫びの牛乳ではないか。